くちばしを入れる

【漢字】くちばしを入れる
【読み】くちばしをいれる
【意味】人が話をしている最中でも割り込んでくる。
【例文1】何かとくちばしを入れてくる先輩が面倒臭い。
【例文2】義母が子育てにくちばしを入れる。

くちばしを入れるをテーマにした記事

ずっとくちばしを入れることはストレスになる

たとえ自分自身に関係ない話であっても、つい気になってくちばしを入れてしまう、という人はいませんか。『くちばしを入れる』とは、横から口出しするという意味ですが、何でもかんでも横から口出しする必要は無いと考えられます。なぜなら自分以外のことに目を配りすぎていたら、ストレスが溜まってしまうからです。

ストレス社会といわれる現代で、一体何がストレスかというと色々考えられますが、その中でも大きな割合を占めるのが『人間同士の繋がり』ではないでしょうか。たとえば会社を辞める理由としてよく挙げられるのが『人間関係』ですね。特に最近はSNSの発達により、自分がどこにいようが他人と連絡がとれる社会になってしまいました。確かにどこにいても連絡がとれるのは便利ですが、裏を返せばどこにいても他人から離れることができないと言えます。人間はずっと一人きりでいるのもストレスになる生き物ですが、かといってずっと誰かといるのもストレスになる生き物なのです。適度に人と離れる時間を作った方が健全な生活を送れます。