教えの庭

【漢字】教えの庭
【読み】おしえのにわ
【意味】教育を学ぶ所。学校。
【例文1】教えの庭を主席で卒業した。
【例文2】母校の教えの庭を訪問する。

教えの庭をテーマにした記事

「教えの庭」ってどこでしょう

教えの庭は学問を教えるところ、学校、学園のことです。今、教えの庭という言葉に接するのは学校の卒業式で歌われる、「仰げば尊し」の歌詞くらいですね。庭というのは広い場所で、物事を行うところの意味です。つまり、昔は神事であっても戸外で火を焚き、お供え物をして、立礼(椅子に座ったりせず立ったままでお辞儀をする)で行っていました。神事も外ならば、学問も外で教えていました。いわゆる青空学級です。今でも発展途上国などでは、青空学級を開校し勉強を教えているのをテレビで見たりしますよね。日本の子どもたちが使い、小学校を卒業した後に役目を終えたランドセルが、途上国に寄付されて、鞄として使うだけでなく、青空の下で机替わりに使われているのを見たことがあります。日本のランドセルは形崩れがあまりせず、がっちりとしているので、ランドセルの平な蓋部分が机としても使えるのだそうです。青空学級は教えの庭の典型です。段々時代は進み、江戸時代になると藩ごとに藩校を設立し、藩士の子弟を教育していましたし、庶民は寺子屋などで学問をするようになり、戸外ではなく屋内で学問をするようになります。それでも「教えの庭」という言葉は残り、現代にいたります。