両刃の剣

【漢字】両刃の剣
【読み】りょうばのつるぎ
【意味】両刃は背と腹の両方に刃がついている剣のことで、使い方を間違えると使用者自身も危険をもたらすことから、相手に打撃を与えられるが、同時に自分にも損害が及ぶ。
【例文1】社内告発すると両刃の剣でパワハラを受けるリスクもある。
【例文2】いじめを止めたいが、両刃の剣で自分も標的にならないか不安になる。

両刃の剣をテーマにした記事

相手を注意するときは両刃の剣にならないように

学校や職場にいる人の何気ない行いを見て、なんとなく嫌に感じてしまうことはあるでしょう。他人に対して嫌なところがあると感じるのは仕方ありません。しかしだからといって、すぐに相手を注意するのはいったん控えるのが良いかもしれません。
仮の話ですが、自分が食べたお菓子のゴミを捨てないで、ずっとデスクに置いている人がいるとしましょう。それを見たあなたが、いつまでもお菓子のゴミを捨てないのは嫌だなと感じて、相手に「ゴミはちゃんとゴミ箱に捨てた方が良い」と注意するとします。ですがもしあなたのデスクに、お菓子のゴミではなくても消しゴムの消しカスがずっと溜まっているとしたら、周りの人からすればあなたも『ゴミをゴミ箱に捨てない人』だと思われる可能性があります。場合によっては他の人から「あなたも早く消しカスをゴミ箱に捨てた方が良い」と言われることだってあるかもしれません。
社会の中で生活していれば、誰かしらに対して嫌だと感じるところはあるでしょう。しかし他人に注意することが両刃の剣にならないよう、自分にも悪いところが無いかどうかを顧みて、他人ではなくまずは自分を改善していく方が良いのではないでしょうか。自分の人生をより良いものにしていく方が、きっと今後の人生も豊かなものになると思われます。