骨身にこたえる

【漢字】骨身にこたえる
【読み】ほねみこたえる
【意味】骨までしみるように強く感じる。痛感する。
【例文1】独り身は病気になると骨身にこたえるんだよな~。
【例文2】クリスマスシーズンになると独り身は骨身にこたえる。

骨身にこたえるをテーマにした記事

骨身にこたえる辛さでしたが良い体験をしました

私の住んでいる所から少し離れた場所に、大雨が降りました。
それでその地域は大被害を被り、そこに住んでいる住人が途方に暮れていると言うニュースを見たのです。
しばらくすると災害復興の為のボランティアを募り始め、私は近くという事もありいてもたってもいられなかったので、ボランティアに加わる事にしました。
私がしたボランティアの作業は、家の中に入り込んでしまった泥を外に運び出すというものです。
泥は床下の狭い所にも入り込んでしまい、腰をかがめたりうつ伏せに成ったりして、隅っこの泥まで運び出しました。
外は夏の強い日差しが私たちボランティアたちを苦しめ、汗をこれでもかとかいて作業を進めました。
家の中の泥を運び出した後は、泥で使えなくなった家財道具を外に運び出す作業をしたのです。
家中に泥が充満していたので、使える家財道具はほとんどなく、運び出した家財道具はごみ捨て場行きとなりました。
これで一段落着いたので、私たちボランティアは撤収する事になったのです。
最後に家主に深々と頭を下げられ、「ありがとうございました」と何度も言ってもらったのです。
災害復興のボランティアは骨身にこたえる辛い物でしたが、人の為に役立てたという喜びを得る事が出来、とても良い体験となりました。