歯ぎしりをする

【漢字】歯ぎしりをする
【読み】はぎしりをする
【意味】眠っている間歯と歯がこすりあってギシギシ音を立てること。
【例文1】隣の部屋から歯ぎしりの音がする。
【例文2】1点差で負け悔しくて歯ぎしりをする。

歯ぎしりをするをテーマにした記事

歯ぎしりをするという言葉の意味

歯ぎしりをするという言葉は悔しい動作を表す比喩として表すことが多いです。例文として、サッカーの試合に出たけどあと一歩というところでゴールができず歯ぎしりをする。自信があったテストだったのに結果を見ると、一つ書き間違えがあったので歯ぎしりをする。など、居ても立っても居られない悔しさが伝わってきます。夜中に寝ると歯ぎしりをする人も中にはいます。そのような人の場合、悔しさというよりもストレスから来るものが原因であることが多いです。どちらの意味もポジティブよりもややネガティブな場合に起こったり使われます。
実際に目の前で歯ぎしりをされると不快な顔をする人が多いのでしないようにすることが大切です。歯ぎしりをする、のように悔しいと思う気持ちが強ければ強いほど負けず嫌いで向上心もあるため、伸びしろがあります。悔しさを乗り越えて、徐々に大人になっていきます。歯ぎしりをするに似ている言葉として地団駄を踏むなど、地面を踏む様を表している言葉もあります。ですが歯ぎしりをする、のように実際に悔しがっても行っている人はあまりいないためやはり悔しい様を表す比喩として使われ出しました。悔しさを乗り越えた先には自分自身の成長が待っています。