顔が利く

【漢字】顔が利く
【読み】かおがきく
【意味】信用や権力があるため、だいたいの無理はきいてもらえること。
【例文1】彼女は明るく社交的で人脈が厚いので、どこ行っても顔が利く。
【例文2】人脈が厚いので顔が利く。

顔が利くをテーマにした記事

人間関係は大切にしたほうがいい 。顔が利くから。

私は同人販売会に頻繁に参加しています。ある大きなイベントの際に、考えられないほど人で混雑してしまい一緒に行った友人と途方に暮れていました。ただでさえ真夏なので汗が止まらず、周囲には担架で運ばれている人も何人かいた位です。
私も十分な水分補給など、暑さ対策を怠っていませんでしたが、段々と具合が悪くなり始めてしまいました。そんな時、友人の知り合いと偶然会うことが出来て新たな水分と、替えのタオルを貸してくれました。また時間が経ち、今度も友人の知り合いが訪ねてきて、様々な暑さ対策のグッズを私に譲ってくれました。
何人も訪ねてくるので不思議に思っていましたが、友人によると共通のアニメが好きな知り合いで、友人が中心となっている同人作品を発表しているサークル仲間だそうです。私は同人制作には興味がなかったので、サークルには不参加でしたが、友人の顔が利いたから私の体調も改善できたと思います。
人間関係を大切にし、顔が利くような人脈があれば自分からは体験できない物事に出会えたり、誰かが困っていたら救いの手を差し伸べてくれるかもしれません。生きてきた中で、これほど顔が利くことが有益になることを身をもって実感できました。