弱冠

【漢字】弱冠
【読み】じゃっかん
【意味】20歳の男性を指す。近年は20歳前後の男性にも言うようになった。若干と多く間違われる。
【例文】彼は弱冠20歳の若さで結婚した。

弱冠をテーマにした記事

弱冠は20歳限定とは言えない

弱冠20歳でという言葉は聞いたことがありますが、必ずしも20歳が限定ではないようです。
言葉は時代とともに言葉は変化していくので、以前は20歳限定で弱冠と言っていたのかもしれません。

おおむね20代までのことを弱冠といっても良いのではないかという気がします。
とは言え、職種や業界などにより、若年層が変わってくるので、中には20代で既にベテランという場合もあるかもしれません。

将棋や囲碁の世界では、中学生の頃からすでにタイトルを取り、プロになる人もいます。
まさに弱冠と言える年齢です。

一般の社会人とは違い、特殊な世界では、実力のあるものが上に登っていきます。
そのため、社会的な経験や常識が優れているというようなことで測れない部分があります。

とは言え、やはりその世界での早咲きで、弱冠と呼ばれる人たちには、やはり類まれな才能があるのだと思います。
もちろん努力もたくさんしてきているとは思いますが、やはり才能がなければ、早いうちから目を出すことは難しいかもしれません。

周りの環境にも恵まれていたかもしれません。
その道でそれがネイティブのように育ってきたならば、やはり早くから開花していくのでしょう。

今後もいろいろな世界で弱冠デビューする人が出てくることを期待したいです。