鰯の頭も信心から

【漢字】鰯の頭も信心から
【読み】いわしのあたまもしんじんから
【意味】イワシの頭のお供え物でも信ずる気持ちがあれば尊いものである。
【例文】初めて彼女が作った手料理は決して美味しいとは言える物ではなかったが、鰯の頭も信心から愛情がこもっている。

鰯の頭も信心からをテーマにした記事

鰯の頭も信心から

鰯の頭も信心からとういう言葉があるそうです。
私は知らなかったのですが、意味はイワシの頭のようなつまらないものでも信仰をすれば尊いものになるということで、信仰心の不思議さをたとえているらしいです。
世の中には色々な人がいるので、いろいろな宗教や信仰があり、また神なんていないと思う人もいます。
今の日本では信仰心というのは比較的少ないように感じますが、どんな人でもここぞというときは神さまや仏さまというものに救いを求めることはありますよね。
とくに受験だったり、日ごろは神社に行かない人でも合格祈願のお守りをいただいたり、安産祈願など命に係わる時もお祈りしたりしますよね。
やっぱり、人って強い時もあるけど弱い部分はありますよね。
なので、最後は神という存在を求めるんですよね。
それがいけないというわけではないし、むしろ私は人智を超えた存在に敬意や畏れは大事なように思います。
そうすることで、傲慢さを持たずに人間なんてしょせん動物の一種で自然にはかなわないということを感じられると思うのです。
昔から、日本では八百万の神と言って、身近なものから山や海などたくさんのものに命が宿っているという考えはとても素敵ですよね。