深謀遠慮

【漢字】深謀遠慮
【読み】しんぼうえんりょ
【意味】将来の先のことまで計画すること。
【例文】人生80年、半分生きてきたのでこの先は老後の生活を深謀遠慮する。

深謀遠慮をテーマにした記事

深謀遠慮を意識した生き方を現代人はしている

「深謀遠慮」という言葉は、先の将来のことまでを見通して計画などを立てることという意味がありますが、日常において使われることは少ないです。しかし、現代人の多くは恐らくこの深謀遠慮に沿った生き方をしていると言えます。例えば、老後に備えて貯金を蓄えたりしている家庭が多くあると思いますけど、これはまさに深謀遠慮の状況にぴったりと言えると思います。そういったこと以外でも、先の見通しが立ちづらい社会状況の中で、どうしても将来を心配する人が多いと思うので、そういう人は先が分からないrという不安と戦いながら、先のことを考えて、どういったことに対しても対応できるような用意周到な状況を作ろうと考えているのではないでしょうか?したがって、将来への不安に備えて、どうしても現代人は深謀遠慮な状態にならざるを得ないのです。ただ、問題は計画を立ててもなかなかその通りにいかないこともあるということです。漠然とした将来への不安や老後に備えて、お金などを貯めるといってもそれが実現しそうにないケースがあると言えます。増税や給料が上がらない問題など多々ありますから。つまり、計画を立てようとした段階で、その計画が上手くいきそうにないことが明白になってしまうような状況があると思われるので、現代人は多くが深謀遠慮な状況になっているとはいえ、その計画の達成確率に関してはあまり高くないと言える可能性もあるのです。