間髪をいれず

【漢字】間髪をいれず
【読み】かんはつをいれず
【意味】髪の毛一本入らないたとえから、少しも余裕がない。間を置かない。
【例文】都会の電車は間髪をいれずやって来る。

間髪をいれずをテーマにした記事

間髪をいれず引っ越し作業をした体験

昨年兄家族が引っ越しをすることになり、お駄賃に釣られて手伝うことになりました。
新居が近い点や大きな荷物がそれ程無いなど、安心できる点が多かったので、余裕だなと思いながら兄の家へ向かいました。
ところが、荷物を全くまとめていないので、運ぶ前に荷造りをする必要があり、引っ越し作業はかなり難航しました。
一部屋荷造りが終わると、間髪をいれず次の部屋の荷造りをこなしていき、気がつくと夜になっていました。
1日で引っ越しを完了させる予定でしたが、荷物を運ぶ段階にもならなかったため、翌日も手伝うはめになってしまいました。
土曜日に引っ越しの手伝いをして、日曜日はゆっくり過ごす予定でしたが、結局土日を使うことになりテンションを下げ気味に引っ越しの手伝いをしました。
ようやく荷物の搬入も完了して、良かったね!と話していたのもつかの間、大量のゴミを処分場まで運ぶ仕事が残っていました。
間髪をいれず急いでゴミ運びを行い、全て完了したのは日曜日の深夜になりました。
翌日は全身が筋肉痛になってしまい、仕事中ほとんど体を動かさないで過ごしましたが、お駄賃をかなりはずんでくれたので、気持ち的にはあまり負担になりませんでした。
しかし、引っ越し中間髪をいれず作業した時を思い出すと今でもゾッとします。