今泣いた烏がもう笑う

【漢字】今泣いた烏がもう笑う
【読み】いまないたからすがもうわらう
【意味】さっきまで泣いていた子がすぐに機嫌を取りなおして笑うこと。多くは子どもに対して使う。
【例文】泣きじゃくる子どもにお菓子をやったら今泣いた烏がもう笑った。

今泣いた烏がもう笑うをテーマにした記事

今泣いた烏がもう笑う状態の子供は可愛い

「今泣いた烏がもう笑う」という言葉は主に子供に使われるみたいですが自分としても次のようなイメージを持ってます。

それは、自分の欲しかったおもちゃを買ってもらえなかった子供がその場所を動かずに泣き叫んでしまうような感じです。

何とかそれをなだめながら、子供の好きなお菓子とか絵本とかを変わりに買ってあげることで少しずつ泣き止んでいき機嫌を直します。

しかし個人的にはその時のにっこりと笑う笑顔が好きです。

おもちゃのことは、すっかり忘れてしまったかのようにお菓子を美味しそうに一生懸命に食べたり、絵本とかを楽しそうに笑いながら眺めてる姿も愛おしいです。

まさに「今泣いた烏がもう笑う」という状況ですが、やっぱり子供っていうのは基本的には笑顔が一番だし、それが似合う存在だなと思うのです。

実際にそんなシーンを他の子でも見かけることがあるかは分かりませんが、もしもあったら自分の子と同じように可愛いです。

親の立場からみると泣いたからといって何でも買い与えるのは、わがままになるのでそれを避けたいためにしてるとしてるのですが「今泣いた烏がもう笑う」のをしてくれたら嬉しくなります。

多くの子供というのは、感情が変わりやすいのですが上手に付き合っていきたいです。