新進気鋭

【漢字】新進気鋭
【読み】しんしんきえい
【意味】新しい分野で鋭い意気込みがあって将来期待される人。
【例文】彼の発想は新進気鋭で即戦力になる。

新進気鋭をテーマにした記事

新進気鋭の新人探し

年齢不問で実はそんなに経験重視でもない私の務める会社の求人には、30代の求職者の方々からの連絡を日々、受け付けています。

求人サイトからの応募となっているため、人事担当や担当部署の事務担当がざっと応募者のレジュメを見て面接に来ていただくか決めるため、
ついレジュメの文章力や経歴で書類選考の合格者が大量に発生するのです。

実際に会ってみないと分からないというのがどの求人募集にも言えることかもしれないのですが、
小規模で本業の他にweb制作の部署がある程度のわが社では、実際に仕事をしてもらわないと分かりません。

実際の業務がほぼ広告関係の契約をしているクライアントのサイト管理と広告の出稿をしているので、
そんなにweb制作の経験が無くても良いというのが、応募しやすい条件になり、
かなりレジュメを誇張して記載される方が多いのです。

そのため、経験豊富ではないものの、新進気鋭の新人のような記載が多々見受けられ、
面接に来ていただいてもとても好感触なため、入社していただくと、web制作での必須アイテムであるソフトすら、
事務員の私達レベルの方ばかり。

最初に会ったときには、芸大出身でデザインを学んでいました、写真関係の勉強をしていた、
大手のデザイン会社に勤めていました等、素晴らしい経歴と新進気鋭の新人となりうるような上から目線の発言が目立っていたのに、
アイコンひとつ作ってもらえず、画像の加工はうんちくが凄く、とても凝り過ぎるのか、納期に間に合いません。

事務員の雑用を減らすために来てもらいたかったのに、言い訳ばかりがとてもレベルの高い話しをされて、
ソフトの操作方法からお伝えしなければならず、担当者以外の仕事は増える一方なので、結局、試用期間以内で彼等から去っていかれます。

キャリアコンサルティングにより素晴らしく精製される彼等のレジュメには、実力以上の記載と、
実務経験もないのにデザイン会社に少し他の職種で働いたことがある経験を、
いかにもweb制作に携わっていたと思われるような修飾された文面に、
また新進気鋭の新人が来るぞという現象が、今日も繰り広げられているのです。