艱難辛苦

【漢字】艱難辛苦
【読み】かんなんしんく
【意味】人生でぶつかる困難や苦労。
【例文】大ケガをしたけど家族の支えがあって艱難辛苦を乗り越えた。

艱難辛苦をテーマにした記事

艱難辛苦には希望だけが頼り

艱難辛苦というのを今まで体験したことがない人は、ほとんど存在しない事でしょう。

テレビで拝見した限りでは明るいし楽天的なお笑いタレントの明石家さんまでも、離婚などを経験したりしてます。

でも、さんまに関しては性格からいって良くない物事でもできるだけ重く受け止めないような気楽さがあるように思います。

もちろん、困難や苦労などの艱難辛苦があったらしんどいのですが、それに対する自分の捕え方によって少しであっても気持ちの方がましになります。

自分もさんまほどの楽天家かどうかは分かりませんが見習いたい部分はあります。

ただ艱難辛苦の状態では、あまりジタバタしない方が良いケースもあるような気もするのです。

そういった時には、気持ち的にももしんどい面もあるので行動力も低下してることも考えられるでしょう。

気楽にまでは良いませんが、それでも物事の成り行きを客観的に少し眺めてみたりした方が闇雲に行動して疲れてしまうのを避けることもできます。

でも逆境が過ぎ去るのを持つといっても限度はありますし、ただ待つ事ができる人がいるとしたらよほどの人生の達人といえます。

艱難辛苦の時には、希望を持つことが重要だと思います。

自分にとって明るい未来があることに期待できたり信じられるからこそ、そんな状態であっても何とかやり過ごせる可能性はあります。