噛んで含める

【漢字】噛んで含める
【読み】かんでふくめる
【意味】食べ物が消化しやすいように噛んで口の中に入れることから、十分理解できるように丁寧に言うこと。
【例文】噛んで含める就職説明会だった。

噛んで含めるをテーマにした記事

物事をよく理解している人は噛んで含めるように説明できる

噛んで含めるの元々の意味は、親が子供に食べ物を与えるときに柔らかくして食べやすいようにしてあげてることから来ています。動物の世界だと親鳥が雛にエサを与えるときに、一度食べたのを噛んで含めて柔らかくしたのを雛に与えています。日常生活でも噛んで含めるが大切だな思うことがたまにあります。会社で上司がいつも怒っているのを見ると、部下はなぜ怒られているのか理解していないことが多いのです。わかりやすく説明してあげれば、ミスは減らせるのに噛んで含めることできない上司だと部下は失敗ばかりしてしまいます。噛んで含めるような説明の仕方をすると馬鹿にしてるとか、いちいちそんなこと説明しなくてもいいよと言われがちですが、物事の本質がわかるようになるまで丁寧に説明してあげることも大切です。噛んで含めることができていれば例え話で教えるようにすることもできるため、よりよく理解することができるようになってきます。周りくどい言い方をしても理解されないときは、よく考えてから噛んで含める言葉を出してあげると一言で理解してくれるようになります。伝えたいことが思うように伝わらないときは、頭の中で一度整理してから子供にもわかるようにして教えてあげると、誤解されずにストレートに伝わります。