白黒をつける

【漢字】白黒をつける
【読み】しろくろをつける
【意味】物事の善悪をはっきりさせること。
【例文】どちらの言い分が正しいか白黒をつけようじゃないか。

白黒をつけるをテーマにした記事

結婚するのか白黒をつけてほしい

白黒をつけるとは、物事をはっきりさせる事、勝負事が絡む場合に使われる言葉です。
恋愛でいえば彼女が彼氏に
「別れるの?別れないの?答えはふたつにひとつよ。どっちかはっきりしてよ!」などの経験をした方もいるのではないでしょうか。
決着を付ける時はどっちが正しいか今日こそ白黒をつけようというな場面もありますね。物事にははっきりさせてもしいものですよね。
わたしも何をするにもきっちりしておかないと気が済まない性格でして白黒をつけています。煮え切らない状況はイライラしますからね。だからと言って相手に強要するのは重いとしか思われるので程々にしております。とまあここまでは20代前半の頃の経験です。後半にもなると実生活では恋人もできていわゆる結婚適齢期突入です。付き合いは2年です。結婚するのか?このまま付き合っていくのか白黒をつけてほしい気持ちもありますが、その気があるのか気持ちを確かめるのが怖いなという想いもあります。今はたただ彼と楽しく過ごせる事が嬉しいですが、どうなる事でしょう。