気を利かせる

【漢字】気を利かせる
【読み】きをきかせる
【意味】その場の状況に合わせて気遣う。
【例文】友人たちが気遣って彼女と二人きりにしてくれた。

気を利かせるをテーマにした記事

気を利かせる事をしらない主人について

子どもが生まれ、今までの生活とは一変して家事や育児に追われる毎日が始まり、慌ただしく生活している今日この頃です。主人はというと、妊娠10ヶ月の時に転職を決め、面接に行き、見事、子どもが生まれる前の週に仕事が決まったところでした。子どもが生まれて、今までの有給の消化で毎日主人は家にいました。
が、主人は今まで仕事に出ていたからか、家事も一切手伝わず、子どものお世話もせず、なぜか、毎日朝から家を出て昼前に帰ってきてテレビを見ていた日を過ごしていました。そうです、子どもが生まれても何も変わらずに過ごしていました。
子どもが寝ている間にご飯を作り、引越しの荷造りをし、洗濯をし、色々重なって頭も身体も悲鳴をあげていました。気を利かせて、なにかを手伝う事は一切ありませんでした。
子どもが泣くと、おーい泣いてるよー。俺じゃ泣き止ませられないから早くしてー。といい一切触れず。
気を利かせて、家事を手伝うこともありません。
うちの主人は言ったらやってくれるけれども、気を利かせる事を知らない人だったのです。