冠婚葬祭

【漢字】冠婚葬祭
【読み】かんこんそうさい
【意味】祝事・結婚・葬儀・祭りのもっとも重要な四つの儀式。
【例文】我が家はオメデタイ冠婚葬祭続きばかりで幸せだ。

冠婚葬祭をテーマにした記事

社会人になると冠婚葬祭の機会が増えてきます

社会人になると急に冠婚葬祭を行う機会が増えていきます。近所付き合いだけならたまにお葬式がある程度かもしれませんが、会社に勤めていると上司の親が亡くなったり、先輩の結婚式があったりと月に何度も冠婚葬祭が重なることがあります。結婚式の場合は祝儀を出さなくてはならないですし、お葬式のときは香典を出さないといけないので、月に何度もあるとそれだけで数万円かかってしまうこともあります。また上司の親の実家で葬式があるときは、飛行機や新幹線などで遠出しないといけないこともあるので、冠婚葬祭はとにかく大変なものです。しかし自分の番になることもいずれはあるので、大切にしていかないといけないと思います。自分が将来結婚式を挙げるときに冠婚葬祭で会社の人達が来てくれると嬉しいものです。また親が亡くなったときにお通夜に来てくれる同僚や先輩方が慰めてくれたりすると、とても心強く感じます。小規模な会社だと冠婚葬祭の機会はそれほど多くはないですが、大きな会社や下請け企業となると付き合いの幅が広がってくるので、冠婚葬祭の回数がだいぶ増えてきます。新人の頃は大変な思いをするかもしれないですが、冠婚葬祭に慣れてしまうと仕事から抜けられるので、その方が楽だという人も中にはいます。いずれにしても社会人になったとき誰しも経験することなので、冠婚葬祭用のスーツと費用は別に用意しておいて、いつでも行ける体制にしておいた方が慌てなくて済みます。