居ても立っても居られない

【漢字】居ても立っても居られない
【読み】いてもたってもいられない
【意味】ソワソワして落ち着かない。
【例文】合格発表が待ちどおしくて居ても立っても居られない。

居ても立っても居られないをテーマにした記事

私が居ても立っても居られないと感じた状況

「居ても立っても居られない」とは多く知られている言葉ですが、ソワソワして心が落ち着かない、という意味で用いられます。
私は以前、若い世代なら誰もが共感するであろう、「居ても立っても居られない」体験をしたことがありました。
私はその時学生でアルバイトをしていたんですが、自転車で通っていました。
しかし、恥ずかしい話、途中で転んでしまい、鞄の中身をひっくり返してしまったのです。
アルバイトの時間が迫っていたこともあり、慌てて鞄の中身をかき集めてバイト先に向かいました。
無事バイト先には到着したんですが、私はある重要なことに気付いたのです。
鞄の中に確かに入れていたはずの携帯がないと…!
若い人なら共感すると思いますが、財布と携帯、どちらを落とす方がマシかで意見が真っ二つになるくらい、携帯は大切なものです。
転んだ時に絶対落としたに違いない、と思うと、まさに「居ても立っても居られない」状態でした。
家族にお願いしようにも、家族の携帯番号を把握しておらず、バイト中も生きた心地がしませんでした。
バイト後に探しにいった所、無事携帯も見つかりましたが、その時の心の落ち着かなさは今まで経験したことのないくらい、頭がいっぱいになるレベルでした。