尻が重い

【漢字】尻が重い
【読み】しりがおもい
【意味】なかなか立ち上がろうとしない様子。
【例文1】彼は何事においても尻が重い。
【例文2】尻が重くて怠慢する。

尻が重いをテーマにした記事

尻が重くて週末は昼間で寝る

尻が重いとはなかなか立ち上がって行動しないことです。
平日はパートが終わると近所のスーパーに立ち寄り、夕飯の買い物と明日の家族の朝食を買います。食材は毎日新鮮な物を買いたいのでまとめ買いはしません。でも今夜は長男は彼女とデートで今夜は遅いらしい。夫は会社の飲み会でもちろん午前様。夕飯の準備はしないで済みました。一人さっさと残りものでパスタを和え10分で間食しました。いつもならすぐに片づけをするのですが、今夜は洗い物も少ないし、見たいテレビがもうすぐ始まるしコタツからなかなか出れなくて尻が重いです。CMの間にさっと洗いものしてあとはな~んにもする事がない。うれしー。
明日は土曜日でパートも休みだし夫もどうせ昼までいびきかいて寝ているだろうし今夜は夜ふかし決定。DVDでも借りに行こうかと思ったけど、寒くて尻が重いのでスマホのアプリで見ました。気づくともう夜中の0時。夫が帰宅しました。洗濯物はもう明日やればいい。日曜日も休みだし、夜更かしした翌日は昼間で寝ていたい主義。あー時間に余裕があるって幸せ。