尻が重い

【漢字】尻が重い
【読み】しりがおもい
【意味】なかなか立ち上がろうとしない。
【例文】彼は何事においても尻が重い。

尻が重いをテーマにした記事

尻が重い週末

家事は週末にまとめてするようにしています。
わたしの週末は朝7時に始まります。
起きてすぐまず洗濯を回します。
天気が良かったらシーツや毛布、カーテンやぬいぐるみも洗います。
多い時で3回回すこともあります。
洗濯機を回しながらモップであちこちのホコリを掃除します。
ホコリを掃除したら、キッチンの水周りとガスコンロ周りを掃除します。
そうこうしていると朝9時を回りようやく掃除機が使える時間帯になります。
心置き無く掃除機をかけた頃、そろそろ近所のスーパーが開店します。
朝市が安いのであさイチでスーパーに向かいます。
買ってきた食材を小分けして冷凍保存しつつ、冷蔵庫の整理をします。
我ながらとても効率良く家事をこなしていると思います。
わたしの家事は週末の午前中にすべて終わります。
お風呂やトイレは普段からスプレーや泡洗剤で対策しています。
そうしたら、土曜日の午後以降の週末はとてつもなく尻が重い週末の始まりです。
もう1ミリも動きたくありません。
必要な雑誌やスマホ、テレビのリモコン、お気に入りの小説、コーヒーメーカーをそばに準備したらもう尻が重い週末の始まりです。
そこからやっと至福の時、休みの始まりです。
片付いた部屋のベランダには清潔な洗濯物、大好きなコーヒーとテレビと読書。幸せです!