画竜点睛を欠く

【漢字】画竜点睛を欠く
【読み】がりょうてんせいをかく
【意味】一番大事な所が欠けていること。
【例文】よく書けている文章だが、名前の漢字を間違うとは画竜点睛を欠くだな。

画竜点睛を欠くをテーマにした記事

画竜点睛を欠くのは基本的にありません

「画竜点睛を欠く」ことって、注意深かったり自分自身がしっかりしてれば、よほどのことがない限り基本的にはありえない事だと思います。

でも、心掛けとしては例えば「画竜点睛を欠く」ような人生にはしたくないですね。

まだまだ先の事なのかは分かりませんが、周りに人に迷惑をかけずに助け合いながら楽しくやっていくのが理想です。

そうした他人との良い関わりを大事にしてれば、少なくとも画竜点睛を欠くような最も肝心なところが抜けてることもないはずだからです。


自分は小説が好きなのでよく読む方なのですが、最後のしめの部分が面白いかどうか?がその本に対する好感度や価値を決めます。

なので、そのことわざの正反対の事を書くことが重要といえます。

そうすることが小説い以外の事でもせっかくの努力を無駄にしない方法なので例え、画竜点睛を欠くが批判的なことわざだったとしても反面教師みたいな言葉として活かしたいと思います。


ただ、このことわざを天然系のキャラの芸能人に当てはめると楽しい面もあります。

それは視聴者が予想もしてなかったような肝心なところが抜けたボケなどによって楽しませてくれるようなときです。

そういう世の中を明るくしてくれるような人達は良いので、もっと増えてくれたらいいです。