鼻つまみ

【漢字】鼻つまみ
【読み】はなつまみ
【意味】品性に欠けて嫌われている者。
【例文】彼は鼻つまみ扱いされている。

鼻つまみをテーマにした記事

鼻つまみ者だった先輩が退職して

新卒で入社して一番嫌いだったのがA先輩でした。男性なのですが、何故か妙に女性に突っかかってくるのです。当時同じ部署に配属された女性の新入社員は3人いて、男性が5人いました。男性の方が多いのは男性が女性よりも優れているからだとか、本当に豆鉄砲を食らったような表情になってしまう、微妙な発言ばかりを繰り返していました。こんな人ですから部署にとっては鼻つまみ者。皆さんあまり相手をしていないというのは見ていてすぐにわかりました。しかし、それでも当の本人は全く気付かずに嫌な発言を繰り返しているのです。
一番困ったのは仕事の邪魔をされることでした。ただの嫌な奴、なら適当にかわして知らんぷりをしておけば良いのです。しかし、仕事にちょっかいを出してくるんですよね。書類を作っていればこれは見にくいだの文句を言ってきます。それがフォーマットなので変えるわけにもいきませんし、そもそもただ難癖を付けているだけです。資料を取りに行こうとすればサボるなと言いますし、本当に面倒でした。
この方、数年経ってから退職することになります。女性をストーカーしていたとかで色々揉めて退職したのですが、鼻つまみ者だった彼がいなくなったことで一気に部署の成績が上がったのには笑ってしまいました。みんなイライラしていたんですね。