面目を失う

【漢字】面目を失う
【読み】めんぼくをうしなう
【意味】自分の名誉を傷つける。
【例文】スキャンダルで面目を失う。

面目を失うをテーマにした記事

面目を失うには何らかの原因がある

面目を失うのは辛いことです。
しかし、それに相当する事実上がるならば、きちんと謝罪をしてしかるべき対策を取っていく必要があります。

バレなければ何をやっても良いというわけにはいきません。
誰も見ていないと思っていても、お天道さまはちゃんと見ているものです。

悪いことをすればいずれは天罰が下されます。
しかし、もしそのようなことで、自分の面目を失ったとしても、その後に復活できるかどうかは自分次第です。

過去の過ちをきちんと反省し、地道に努力精進していくしかないと思います。
人間は誰でも過ちを犯す可能性があります。

そのため、たとえ何らかの過ちを犯して面目を失ったとしても、その人をいつまでも責め続けるのは良くないことだと思います。
社会的に有名になればなるほど、面目を失う時もかなりの痛手を受けます。

中には自分ではきちんとやっているつもりが、いつのまにか良くない方向へ進んでしまっている可能性もあります。
どこに落とし穴があるかわからず、油断大敵です。

テレビの報道番組を見ていても、連日のように謝罪会見が行われています。
当事者にとっては、かなりの面目を失う結果となってしまったと思います。

「罪を憎んで人を憎まず」の心持で、再び復活することを期待したいものです。