烏の行水

【漢字】烏の行水
【読み】からすのぎょうすい
【意味】カラスは短い時間で水浴びをすることから、入浴時間がとても短いこと。
【例文】睡眠時間を確保するため烏の行水で済ませた。

烏の行水をテーマにした記事

烏の行水とは

烏の行水は入浴が早くあっさりとすませるたとえとして用いられる言葉ですが、自分も子供の頃はそんな感じだったなと懐かしめる言葉でもあります。正直お風呂に毎日入る事自体が面倒で、見たいテレビやゲームを早くやりたい一心でパパっと済ませてました。また一人で入浴してるとお化けが出てくるんじゃないかと怖かったのも一因です。年の近い兄弟は自分以上に短く数分で出てくるので、いつも母親から「もう出てきたのっちゃんと洗った!?」と言われるのがお決まりフレーズでした。母親は母親で家事に掛け持ちで仕事をしていた時はやはりサッと入って忙しなく動いていたので、皆お風呂にゆっくり入るなんて事が無かったように思います。しかし年をとるにつれ自分の場合は半身浴だとか、汗腺トレーニング等健康を意識するようになってからぐんと湯船に浸かるのが長くなっていきました。今では風呂に入らずに眠るなんて事が考えられなくなっています。兄弟はスマホの動画を入浴しながら視聴するのにハマって、結果湯船にちゃんと浸かるようになりました。母は年齢と共に肩や腰痛の症状が出始め、その緩和の為に温めのお湯に10分以上入る改善方法を実戦中です。皆それぞれの理由ですが入浴に時間を掛けるようになってから洗顔や入浴剤を選ぶ楽しみも増えてリラックスタイムになっているので、湯船に浸かる文化があって良かったなと思う今日この頃です。