一世を風靡する

【漢字】一世を風靡する
【読み】いっせいをふうびする
【意味】ある時代に圧倒的に流行るもの。
【例文1】一世を風靡したかつてのスターは今どこに。
【例文2】90年代を一世を風靡したスター。

一世を風靡するをテーマにした記事

一世を風靡する大スター

一世を風靡するとはその時代に圧倒的に流行ったものという意味です。
私が一世風靡と聞いて思いつくのは「そいや!そいや!そいや!」と歌っていたグループ歌手です。
相川翔・柳葉敏郎さんしかわかりませんが、調べてみると小木茂光・武野功雄春海四方(俳優で活躍中)西村香景・松村冬風さんが1980年代に男性路上パフォーマンス集団であることがわかりました。なるほど、テレビで見たことあるあの俳優さんも一世風靡もメンバーだったのですね。今は硬派な上司役や上層部の役とかのイメージしかなかったので意外でした。90年代に入り一世を風靡するタレントと言えば40歳になって引退表明をだした安室ちゃんこと安室奈美恵さんです。アムラーと呼ばれる社会現象も起こりました。10代の女の子がみんな厚底ブーツやロングヘアーを真似したものです。20歳で結婚・出産してもなお変わらない美貌を持ち続けている安室ちゃん。私の3歳年下ですが、とてもおない歳の子どもがいるとは思えないくらいでスタイルがよくて羨ましいです。とても残念ですが、残り少ない期間テレビでもう一度バラエティや歌番組に出ていた時のあの笑顔とキレのいいダンスを見てみたいものです。

一世を風靡するとは

「一世を風靡する」とは、ある時代に多く知られ流行することを意味します。この言葉の語源は「一世」がその時代を意味し、「風靡する」は草や木を風が靡かせるように、多くの人を靡かせることから生まれたと言われています。
使い方として「あの人は一世を風靡した歌手だよ。」「一斉を風靡した話題だ。」と言った使い方をします。
例えば、来年で引退を発表した安室奈美恵さん。90年代彼女のファッションや細眉などを多くの人が真似をしたりアムラーという言葉も出来たほど彼女こそ一世を風靡した歌手だと言えると思います。私はアムラー時代ではありませんが、やはり今でも彼女のファッションや価値観、歌唱力、全てを取っても多くの人に愛される女性だと思います。一世を風靡した彼女の引退は惜しいものです。
このように一世を風靡した人はたくさんいて、その時代のリーダー的存在でもありました。もちろん人に関わらず、2016年に公開された映画「君の名は。」や2014年多くの女性を虜にした「壁ドン」2002年多摩川に突如現れたアゴヒゲアザラシの「タマちゃん」など様々な一世を風靡した話題がたくさんあります。その時代のメインとなったものを一世を風靡するといった表現をするのです。