面目次第もない

【漢字】面目次第もない
【読み】めんもくしだいもない
【意味】恥ずかしくて人に合わせる事ができない。
【例文1】結婚詐欺に遭い、会社に行くのも面目次第もない。
【例文2】昨日は酔っ払って面目次第もない。

面目次第もないをテーマにした記事

入念な準備の大事さについて

面目次第もない、という言葉の意味は、申し訳が立たず顔向けできない、ということを言います。
よく、面目ないという言葉は多用されますが、同じ意味です。
この言葉は、謝罪の際に使われることが多いです。
例えば、「期待されていたが、結果が出ずに面目次第もない」とか、「このような事態を起こし、面目次第もない」といったネガティブな表現です。
スポーツ選手でも、例えば大事なオリンピックの試合で、メダルを期待されながら、メダルを獲得できなかった場合には選手の口から思わず発せられる言葉です。
結果が出ないのは、やはり何かが足りなかったことです。
確かに選手として、練習は入念にやっていた場合でも、試合で結果が出ないのは、その試合でのプレッシャーに打ち勝つ気持ちが足りなかったかもしれませんし、相手との駆け引きに負けてしまうこともあるでしょう。
結果が出るということは、あらゆるシナリオ、シーンを想定していて、それぞれに対して準備ができているからこそなのです。
たまに、言い訳のようなことをいう選手もいますが、やはり結果が出ないのは、その選手個人にあるのです。
来年は平昌オリンピックが開催されます。
日本の選手が活躍することを願うばかりです。