面倒を見る

【漢字】面倒を見る
【読み】めんどうをみる
【意味】お世話をするより若干大変さが含まれる。
【例文】親の老後の面倒を見る。

面倒を見るをテーマにした記事

親の介護とは面倒を見るということ。

現在の日本は高齢社会となっています。若者が減り高齢者を介護するヘルパーも不足しています。老老介護と言われる言葉もあり、高齢者が高齢者の介護をしていると言う現実もあります。親の面倒を見るのは当たり前と言われますが、今の日本では全ての家庭にそのようなことが当てはまらなくなっています。そのためにも、介護保険制度があり、介護の負担軽減の為の様々なサービスがあります。よく、朝に自宅まで車が迎えに来てくれて夕方また送り届けてくれるという、デイサービスと言うものがあります。デイサービスであれば、介護をしている人は自分の時間を作ることができます。デイサービスにいっている間は、デイサービスの職員が介護の必要な人の面倒を見てくれています。そのため、介護している家族も安心して過ごすことができます。他にも、仕度で親の介護をすることが難しければ施設やグループホームで面倒を見てもらうと言う選択肢もあります。施設などに入ってしまえば、食事や排泄や入浴剤といった日々の自宅での介護もなくなります。親の面倒を見ることは当たり前でも、その繋がり方は多様化しています。それぞれの家庭にあった親の介護介護の仕方によって誰もが安心して暮らせる高齢社会になることが日本にも望まれています。