パンドラの箱

【漢字】パンドラの箱
【読み】ぱんどらのはこ
【意味】絶対に開けてはならない箱を渡されたが、パンドラは開けてしまいこの世の災いが一気に沸き起こるというギリシャ神話。
【例文】聞かない方がいいことだってあるのに自らパンドラの箱を開けてしまった。

パンドラの箱をテーマにした記事

パンドラの箱とは

パンドラの箱」は、開けると災いをもたらすもの、開けてはならないもの、開けるとどうなるか分からないものという意味で「これはパンドラの箱かもしれない」「パンドラの箱を開けてしまったようだ」と言った使い方をします。
この言葉はギリシャ神話が語源とされていて、ギリシャ神話に登場する最高の神であるゼウスが神々に人間の女性を作らせます。その女性がパンドラで「パン→全ての」「ドラ→贈り物」を表しています。このパンドラが地上に行く際ゼウスが災いの詰まった箱を持たせます。開けてはいけないものでしたが、パンドラが好奇心から開けてしまい中から様々な災いが飛び出してきて驚いたパンドラは急いで蓋を閉またことで最後に「希望」が残ったと言われています。ゼウスは初めからパンドラが箱を開けることを知っていて人間の世界に「災い」と「希望」をもたらすために箱に詰めてパンドラに渡したという話からパンドラの箱=災いの箱と言われてきたのです。
ギリシャ神話の中では「希望」がありましたが今では「災い」としてのみ使われています。普段「これは良いことないだろうな」と思う状況と出会うこともあると思います。パンドラの箱だと思う出来事があった際は軽い気持ちで行動し後から後悔しないようにしたいものですね。