身を切られるよう

【漢字】身を切られるよう
【読み】みをきられるよう
【意味】とても身にしみる。
【例文】冬にエアコンなしでは身を切られるようだ。

身を切られるようをテーマにした記事

面接に何度も落ちると身を切られるような精神状態になる

身を切られるようというのは精神的に辛いという思いを指す言葉で、身を切られるようなときが続くと心が折れる原因にもなります。就職活動で面接をしてしばらくすると不採用のお知らせがくることがありますが、そのとき身を切られるような気分になります。面接しているときは和やかに応対してくれるので、てっきり採用されるのかと思いきや、数日経ってもなかなか連絡が来ず忘れたころ手紙が来て、身を切られるように不採用を知ることがあります。一度面接落ちただけならまだいいですが、何度面接を受けても落選してしまうと、ほとほと面接するのが嫌になってきます。身を切られるように心をズタズタにされてしまうので、それがきっかけで欝になる人も出てきてしまいます。面接で採用されるときというのは連絡が早いです。いつまでも連絡が来ないときというのは、あとまわしにされているときなので、身を切られるようなことになるのを、予め覚悟していなければなりません。ハローワークで紹介されて面接で何度も落ちてしまう人は、一度派遣会社で相談をしてみると解決することがあります。身を切られるような状態にならないためには、履歴書や職務経歴書の見直し、自己分析をしっかり行うことで採用される率が高くなってきます。