初心忘るべからず

【漢字】初心忘るべからず
【読み】しょしんわすれるべからず
【意味】何かを長く続けていると慣れてきて怠けることもある。始めたころの真剣な気持ちを忘れてはいけない。
【例文】余裕こいていたら後輩に抜かれた。初心忘るべからずだった。

初心忘るべからずをテーマにした記事

初心忘るべからずは大事なことです

何事も、初心忘るべからずとよく言いますが、最初に思い立った気持ちを忘れずにしていれば、やがて想像以上の人柄や企業で重宝される人材になります。
これはどのような場所においても言えることだと思います。
初心忘れて、横柄を振るう人がどれだけいることでしょうか。
企業においても、お客様と話をしたりしますが、横柄さがあるお客様の会社の財務状況はよくありません。
その財務体質は、お客様の人柄に比例します。
さらに、プロのスポーツの世界においても、人に教えてもらうことがたくさんあります。
それを自分の腕を過信してしまい、コーチからのアドバイスを全く聞かない選手もあります。
このような選手は、数年後にはそのプロの世界から消えているのが実情です。
私もITエンジニアとして15年業界にいますが、日々勉強です。
新しいこともどんどんと出てきます。
古い知識が淘汰されることはありませんが、IT業界に入った際に「色々なことを勉強をしていく」という熱意を忘れてしまっては、この先の成長は全くありません。
毎日10分から20分でもITや、今話題のIoTに関する技術文書をみて、知識をつけるようにしています。
このような日々の努力次第で、その人の成長のスピードが継続するか、それともストップして人材として淘汰されるかの結果が変わってくるのです。