万事休す

【漢字】万事休す
【読み】ばんじきゅうす
【意味】他に方法がない。全てが終わり。
【例文】結婚詐欺に遭い預金を絞り取られ万事休すだ。

万事休すをテーマにした記事

自分で万事休す状態に追い込んでしまいました

万事休すとは手段が尽きてしまい何をしてもだめだという意味です。

あまりこういう状況になりたくはないものです。しかし、このピンチから得た事もあるのも事実です。

私は25歳で結婚して子どもも3人授かりましたが、結婚生活はうまくいかずわずか6年でピリオドを打ちました。旦那には未練なかったのですが、一番の問題は子どもたちの親権です。男の子2人、女の子1人。あちら側にとっては跡取り息子のうえに初孫が長男です。手に職がなかった専業主婦の私に子ども3人育てられるのかときつく言われ、私はまさに万事休す状態です。私がおなかを痛めて生んだ子どもですもの。うちだって初孫です。ネットや離婚経験がある知り合いを紹介してもらい話を伺ったり、情報を集めました。
子どもがちいさいうちは専業主婦だろうと相手にお金があろうとほとんどのケースが母親に親権がある事がわかりました。実家にお世話になる事と親の紹介でパートが決まった事を離婚調停で堂々と話したところ、見事親権は私が取りました。世の中のお母さん、専業主婦だから、若いからと言って子どもを取り上げられると思わないでください。子どもがどちらに付いた方がいいのか調停ではきちんと判断してくれるので諦めないでくださいね。