身を入れる

【漢字】身を入れる
【読み】みをいれる
【意味】熱心に取り組む。
【例文】30を過ぎてそろそろ真剣に婚活に身を入れる。

身を入れるをテーマにした記事

身を入れて取り組むことが必要

仕事や勉強などに取り組む時は、常に身を入れて取り組む姿勢が大切だと思います。
身を入れて臨むためには、それができる環境作りが大切です。

どんなに自分が身を入れて、勉強や仕事をしようとしていても、外野があまりにもうるさい状態では、それができなくなってしまいます。
中には周りがどんな環境でも、集中して身を入れることができる人もいるかもしれません。

私はまだその子まで人間ができていないこともあり、やはり外野の環境は大事だと思っています。
仕事ができる人の仕事ぶりを見ていると、かなり身を入れてやっているのがわかります。

おそらくそれは昨日今日できたことではなく、学生時代から、もしかしたら子供頃からそういう習慣が身についているのではないかと思います。

集中力をつける方法はいろいろありますが、私はその一つに体を動かすことを取り入れています。
学生時代に運動部だったので、勉強にも集中でき、身を入れて行うことができました。

この経験は社会人になってからも役に立っています。
いろいろなことにもっと身を入れてできるようになれば、今よりも目標を達成しやすくなると思います。

来月の私の目標は、さらに自分の仕事の制度を高めたいと思っています。
その為にも、より一層、身を入れてやっていきたいです。