歯を食い縛る

【漢字】歯を食い縛る
【読み】はをくいしばる
【意味】必死に耐えてこらえること。
【例文】夏の暑い日も冬の寒い日も歯を食い縛って部活を頑張ってきた。

歯を食い縛るをテーマにした記事

歯を食い縛る事がない人生でした

私のこれまでの人生は、歯を食い縛る事がない人生と断言できます。
飽きっぽい性格の私は、飽きてくると、直ぐにやめてしまいます。
やめてはいけないような物でも、飽きてくると我慢が出来なくなり、やめてしまうのです。
この性格のおかげで、これまで何一つ成し遂げたものがありません。
昔編み物にハマって、色々な本を読んで本格的に勉強した事があります。
このまま行けば、編み物関連の仕事に就けるかなと思った時期もありました。
しかし徐々に飽きが来てしまい、やる気が失せて来てしまったのです。
そしてとうとう飽きがピークに達してしまい、編み物をやめてしまったのです。
もしこの時歯を食い縛る事をしていたら、今私は編み物に関する職業に就いていたと思います。
今考えると、もったいない事をしたなと思っています。
私は他にも、盆栽にハマっていた事があるのです。
この時も盆栽の作り方など、かなり勉強をしていました。
実際に盆栽を育てて、自分でもよく出来たと思える盆栽にした事があります。
ですがこの盆栽でも、私の飽きっぽいと言う悪い癖が出てしまい、結局やめてしまったのです。
私はこのように、色々な事に対して歯を食い縛る事をして来ていないので、未だに取り柄と呼べるものが一つもありません。
ですからこれからは自分の人生を反省して、歯を食い縛ることをしてみようかと思っています。