見る目がある

【漢字】見る目がある
【読み】みるめがある
【意味】正しい判断ができる。価値がわかる。
【例文】(友人)その靴高いでしょ。(私) 革なの。さすが見る目があるわね。

見る目があるをテーマにした記事

見る目があるとは

人を見る目を養うことは、人生をより良く生きていくためにも大切なことだと思っています。
人を見る目がないと、人に騙されてしまったり、損をすることも多くなってしまいます。

自分に置き換えて考えてみると、必ずしも人を見る目があるとは言い切れないかもしれません。
相手が悪い人でなくても、痛い目を見ることはあります。

そのため、やはり目を養っていくことが大切なのだと思います。
人間関係は年齢を重ねれば、重ねるほど難しいものだと思ってしまいます。

徐々に表面上だけの付き合いになってしまうことも多いかもしれません。
しかし、自分にしっかりとした人を見る目があれば、本当に信頼できる人を見抜く力もありますし、良好な人間関係を築いていくことができます。

しかし、過去に人間関係で大きな失敗があると、それがトラウマとなってしまい、時には人間不信になってしまうかもしれません。
そこから脱却するためには、自分自身の人を見る目を養っていかなければいけないのだと思います。

人はそれぞれ違った価値観の中で生きています。
自分と違う相手をどう見極めていくかも、人を見る目にとって大切なことだと思います。

素晴らしい出会いは一生の財産になることもあります。
人の目を見る力を養い、素晴らしい出会いをしていきたいものです。