阿鼻叫喚

【漢字】阿鼻叫喚
【読み】あびきょうかん
【意味】悪人が地獄に落ちるたとえから、苦痛で泣き叫ぶこと。
【例文】ギャンブルで借金地獄に陥り阿鼻叫喚だ。

阿鼻叫喚をテーマにした記事

尿管結石になると阿鼻叫喚のごとく痛みます

阿鼻叫喚という言葉は元々は仏教から来ている言葉で、この世で最も悪い行いをすると死後地獄で阿鼻叫喚のように苦しむと言われています。日常生活でも阿鼻叫喚のように苦しむ出来事というのは結構あって、痛みの極限にあったとき阿鼻叫喚に例えることもあります。人間の三大激痛というのがありますが、三大激痛とは子供を産むときの陣痛、生活習慣病からなる尿管結石、それから心筋梗塞です。男性は陣痛の経験はできないですが、心筋梗塞や尿管結石は起こりうる可能性があります。心筋梗塞まで行ってしまうと死につながってしまいますが、尿管結石なら血糖値が高めのときビールを飲むと起こりやすくなります。左右どちらかに尿管がありますが、管の中に老廃物で出来た石ができるとジワジワと痛み始めて阿鼻叫喚のごとく苦しみ始めます。石が取れればすぐに痛みは治まりますが、取れるまでの間はどうやっても痛いので大変です。元々はお釈迦様を苦しめると地獄で阿鼻叫喚が待っているなどと言われますが、現代では病気の苦しみや生活の苦しみに例えて阿鼻叫喚と言われます。また、事故や事件現場でおぞましい光景を見てしまったときに阿鼻叫喚のようだったと話をすることがあります。あまり経験したくない阿鼻叫喚ですが、どこかで経験してみると日常生活が平和でいられることの大切さがわかります。