一笑に付す

【漢字】一笑に付す
【読み】いっしょうにふす
【意味】バカにして相手にしない。
【例文】ニートが交際申し込んできたので、一生に付した。

一笑に付すをテーマにした記事

学生時代に一笑に付すされても社会に出れば変わります

学生時代はよくいじめられて、なにかやる度に一笑に付すことが多かったのです。周りの生徒達は優秀な人達ばかりですから要領もよくほとんど失敗はしません。しかし自分は失敗が多く何をやってもだめで、生徒だけでなく担任の先生からも一笑に付すことがありました。笑われるのは慣れていますが、好きな女の子からも一笑に付すされてしまうと落ち込んでしまうこともありました。ダメ人間ながらも無事に卒業して一流の会社に就職することができました。卒業してから5年経ったときに、手紙が来ていて中を開けると同窓会のお誘いでした。また苛められるのかなと思いながらも、久々だったので出席することにしました。同窓会の当日は、生徒全員が出席して担任の先生も来ていました。当時、一笑に付すしていたいじめグループがいましたが、社会人になるとしっかりしていてみんな大人になっていました。一笑に付されるのではないかと内心ビクビクしていましたが、一流会社に就職したのを知ると、みんなは大人しくなってしまいました。就職できない人も中にいて苦労していることを知りました。学生時代に一笑に付すされていても、きちんと会社に勤めていれば立場が逆転するんだなと知りこっちが一笑に付す思いでした。