あばたもえくぼ

【漢字】あばたもえくぼ
【読み】あばたもえくぼ
【意味】あばたとは水ぶくれが治った跡にブツブツ皮膚に残るもの。自分が好きになった人の欠点のあばたでさえエクボに見えてくるという。
【例文1】ドジな彼女だけどあばたもえくぼで俺が守る。
【例文2】何をしても愛おしい。あばたもえくぼだ。

あばたもえくぼをテーマにした記事 

 

恋愛はあばたもえくぼで良いのでは

長所とは、裏を返せば短所にだって成り得ます。たとえば『誰にでも優しい人』と言うと聞こえは良いですが『八方美人』と言われると、なんとなく悪い印象を持つ人もいることでしょう。しかし恋愛に関してだけは、多くの人からは短所と思われることでも、もしかすると長所に思えることもあるかもしれません。俗にいうあばたもえくぼというやつですね。

恋愛とは難しいですが、その分楽しいものでもあります。ですからときには、あばたもえくぼのような恋愛をしたって良いと思います。もしも自分の容姿にコンプレックスがある人であっても、自分を好きになってくれた人から「あなたの容姿も好き」と言われたなら、嬉しい気持ちになるのではありませんか。ひょっとするとその一言がきっかけで、自分の容姿にも自信を持てるようになるかもしれません。極論かもしれませんが、あばたもえくぼのような恋愛であれば、自分のコンプレックスを克服できる可能性も秘めていると考えられます。

人を好きになると、その人の知らない一面を知るたびに、その人のことを好きになるでしょう。恋愛は人生をより楽しいものにしてくれます。とは言っても、常にあばたもえくぼのような恋愛だと疲れてしまいそうですね。ですがたまには『好きな人のどんな短所でも好きになる恋愛』をしてみても楽しいかもしれません。