あばたもえくぼ

【漢字】あばたもえくぼ
【読み】あばたもえくぼ
【意味】あばたとは水ぶくれが治った跡にブツブツ皮膚に残るもの。自分が好きになった人の欠点のあばたでさえエクボに見えてくるという。
【例文】ドジな彼女だけどあばたもえくぼで俺が守る。

あばたもえくぼをテーマにした記事 

人を好きになるとあばたもえくぼに見える

あばたもえくぼとは、まず「あばた」というのが、水ぶくれが治って皮膚がぼこぼこになった痕を言います。自分が好きになったらその欠点までえくぼのようにかわいく見えてくるものであるということです。
うちの夫と長男(両ほほ)・長女・私は右えくぼがあります。幸いニキビ痕ではなく本物のえくぼです。
ブツブツでおなじみ芸人ブラックマヨネーズの吉田さんがまさにそうですね。あの方は自分の顔のブツブツを売りにしていて普通なら落ち込んでしまうものをものすごく前向きに捉えています。本人は悩んでいた時期もあったろうに、芸人になったからには、あそこまで潔いとあばたもえくぼです。トークもおもしろいし、好きです。結婚もされましたね。奥様からしたらまさに「あばたもえくぼ」ではないでしょうか。
私の夫は20代までスリムな体型をずっと維持していました。しかし結婚してから飲み会や結婚式参列がとても多く15キロ太ってしまいました。今ではぷーさんみたいであばたもえくぼです。