穴の開くほど見つめる

【漢字】穴の開くほど見つめる
【読み】あなのあくほどみつめる
【意味】じっと見ている。
【例文】可愛い赤ちゃんの寝顔を穴の開くほど見つめる。

穴の開くほど見つめるをテーマにした記事

穴の開くほど見つめる

私は憧れの女性の先輩がいました。可愛くて少し幼顔がとても素敵でした。私はいつの間にかその女性の先輩に恋心を抱いていたのです。校舎の影から穴の開くほど見つめると言った。今で言うストーカーに近いことをしていたなと思いました。青春の真っ只中で初恋でもありました。その親分肌先輩が廊下を歩いている時も穴の開くほど見つめるといった行動病的な自分かなと思ったほどでした。しかしその親分肌先輩は卒業していきました。今では本当に良い思い出となっています。自分はそれから何回か好きな人ができてました。奥手なので好きですと告白などは出来ずにいつも穴の開くほど見つめると言ったことをしていました。ある時社会人になり、性格もきたえられました。そして結婚を決意した人ができてました。儲け話昔の穴の開くほど見つめるだけの自分ではありません。自然に自分の思ったことを言葉にできるようになりました。人間というのは成長していくものです。そして告白もちゃんとできて、お付き合いもすることができて結婚にも到りました。人間というのは本当に成長する生きものです。高校の時、今の自分であれば先輩の女性をものに出来、お付き合い出来ていたかも知れません。