見ると聞くとは大違い

【漢字】見ると聞くとは大違い
【読み】みるときくとはおおちがい
【意味】人から聞いていた話と実際見たものではだいぶん違うこと。聞いていたより劣っているときに用いることが多い。
【例文】良い物件だと聞いてたけど狭いな。見ると聞くとは大違いだ。

見ると聞くとは大違いをテーマにした記事

知り合いのホームパーティーは、まさに見ると聞くとは大違いでした

以前から仕事関係で知り合った方に、ホームパーティーに誘われていました。残念ながらなかなかスケジュールが合わなくて行けなかったのですが、つい先日ようやく行けることに。私と彼女はお互いの家に行ったこともありませんし、プライベートなお付き合いもあまりありません。ただ、いつもハイブランドの物を身に着けていますし仕事的にもセレブっぽいイメージが漂っていました。共通の知人からも彼女のホームパーティーはすごいと聞きましたし。そのため、手土産は慎重に選んだんです。それが本当に正解でした。
というのも、彼女の職場の方と合流して一緒に伺うことになっていたので家は想像でしかありませんでした。オシャレなシティ派マンションかな?と思っていたら、豪邸でのガーデンパーティーだったんです。これは度肝を抜かれました。本人はホームパーティーだと仰っていましたが、まるで海外のようなガーデンパーティーです。共通の知人から聞いたイメージとは全く違いました。あぁ、これが見ると聞くとは大違いというやつかと妙に納得してしまったほど。
ちょっと高めのセレブ御用達瓶ジュースを購入して行ったところ、テーブルの上に乗せてくれました。フードメニューもすごかったので、デリカテッセンなどに駆け込まなくて良かったです。