腹を割る

【漢字】腹を割る
【読み】はらをわる
【意味】隠し事をせず、本心をさらけ出す。
【例文】腹を割って話せる友人がいる。

腹を割るをテーマにした記事

争いごとをなくすには腹を割ることです

友達と喧嘩をしたときに仲直りするには腹を割ることが大切です。お互い腹を割ることができれば心が開けてくるので、喧嘩をする前よりも仲が良くなることがあります。世界を見渡しても同じことが言えます。北朝鮮とアメリカは仲が悪いですが、腹を割ることで解決できるのではないかと思います。北朝鮮のバックには中国やロシアなどがいるので、腹を割るができてもそう簡単に仲が良くなるわけではないですが、お互いの妥協点を見出して腹を割ることができれば、戦争になることは避けられると思います。中東のテロリストとなると腹を割るのは、さらに難しくなりますが武力に対して武力で解決しようとすると恨みが出てきてしまい、いつまで経っても争いごとはなくなりません。中東のテロリストはイスラム教の教えに従っていると言われていますが、テロを起こさない平和なイスラム教徒だっているわけです。間違った教えを信じてしまってるから起こるわけですが、イスラム教同士でお互い腹を割ることができれば、テロを起こす人達はいずれ平和への道に向かうのではないかと思っています。世界的にSNSが普及しているわけですから、ネットで話し合い民族の壁を乗り越えて、お互いに腹を割ることで争いが少しでも減ればいいなと思います。