窮すれば通ず

【漢字】窮すれば通ず
【読み】きゅうすればつうず
【意味】人は行き詰まってくるとかえって道が開ける。
【例文】窮すれば通ずでお風呂でアイディアが浮かんだ。

窮すれば通ずをテーマにした記事

成功している人は窮すれば通ずを経験しています

人間は極限まで追い詰められると窮すれば通ずで思わぬ力を出してきます。挫折を繰り返していると開き直っていいアイデアが出てくるときがありますが、窮すれば通ずの状態なんだろうと思います。苦しみながら考え抜いていくとあっさり問題が解決することがあるのです。問題を抱えてるときに逃げてばかりいると、窮すれば通ずは遠ざかってしまいます。歴史上に名前を残している人物を見ると、ほとんどの人が窮すれば通ずの境遇を体験しています。人並み外れたパワーを出すには数々の挫折を乗り越えながら、試行錯誤していくと結果的に窮すれば通ずのことわざのようになっていくものです。現代に置き換えてみると社長になるような人が、窮すれば通ずを経験してきてると思います。一日は24時間ですし睡眠時間もほとんど変わらないのになぜ社長になれる人となれない人がいるのか。それは窮すれば通ずをどれだけ経験しているかだと思います。運が良かったとか生まれつきの才能だとかいう人がいますが、社長になるような人というのは裏でものすごく努力をしています。プロになる人達に共通していることですが、窮すれば通ずがなければ一流にはなれないのです。自ら苦境に持っていく必要はないですが、困難になったときに逃げずに立ち向かえばやがて道が開けてくるものです。