金持ち喧嘩せず

【漢字】金持ち喧嘩せず
【読み】かねもちけんかせず
【意味】お金持ちは心にも余裕があるため、ささいなことでの争いはしないこと。また揉め事に巻き込まれたら向かっていかず、法的手段金で解決もできるので喧嘩などしないこと。
【例文】いちゃもんつけられても大人の対応しよう。金持ち喧嘩せずだ。

金持ち喧嘩せずをテーマにした記事

「金持ち喧嘩せず」からお金持ちへの道筋を学ぶ

「金持ち喧嘩せず」という言葉は色々な背景があると考えられています。
金持ちは喧嘩をすると損をすると思っているため、立場を悪くしないためにも、争いを避けるといった意味が一般的とされていますが、他にも色々な仮説が囁かれています。
その一つが、収入に余裕がある分、感情を荒らげることが少なく、そもそも喧嘩に繋がることが少ない、という性格からことわざに繋がったという説です。
確かにお金が余裕がない時というのはそのことばかり考えてしまって、ピリピリとしてしまい、些細なことにも多感になってしまいますよね。
これを聞いた時になんだか納得してしまいました。
また、逆説的な意味も説得力のあるものでした。
それは喧嘩をしないからこそ、金持ちになれた、という説です。
具体的に言うと、喧嘩をしない穏やかな人だからこそ、仕事でも上手く立ち回ることができ、スムーズに業務を進めることで出世にも繋がったということなのです。
それを聞いて、私の周りで金欠だと叫んでいる人は、周囲への当たりが強い人が多いなと思い、なんだか理由がしっくりくるものがありました。
お金持ちになるためには、普段の自分の性格から見直してみると、損をすることも少なくなるのではないか、と、習慣付けてみようと思うきっかけになりました。