金の切れ目が縁の切れ目

【漢字】金の切れ目が縁の切れ目
【読み】かねのきれめがえんのきれめ
【意味】交友関係がなくなること。金がある時はみんな寄ってちやほやされるが、金がなくなると誰も寄り付かなくなる。
【例文】プレゼントの回数が段々減って、しまいにはなくなった。金の切れ目が縁の切れ目だ。

金の切れ目が縁の切れ目をテーマにした記事

女性とは金の切れ目が縁の切れ目となることが多いです

容姿に自信のない私は、これまで数えるほどの女性としか交際できていません。
それも長続きせず、いつも短期間で交際が終わってしまうのです。
女性との交際が終わる原因としては、ズバリ金の切れ目が縁の切れ目となるケースがほとんどです。
容姿の良くない私は、女性をつなぎとめる手段として、お金を使うほかありません。
女性に好意を持ってもらう為にもお金を使い、その女性の心をつなぎとめる為にも、お金を使っているのです。
ですから女性の為に、莫大なお金を使う事に成るのです。
私はお金の生る木を持っている訳ではありませんから、いつかはお金が尽きる時が来ます。
それまで女性の心をお金でつなぎとめて来ましたから、お金が無くなった途端、心をつなぎとめる手段を失くし、結局別れる事に成るのです。
これまで私は、女性との関係で金の切れ目が縁の切れ目を沢山経験したので、これではいけないと最近思う様になりました。
そこで最近では、お金で女性を振り向かせるのではなく、私の持っている魅力で女性を振り向かせようと考えるようになってきたのです。
しかし私の持っている魅力などたかが知れていますから、未だに女性に振り向いてもらえません。
金の切れ目が縁の切れ目で痛い思いをして、考えを変えたモノの、これで本当に良いのかと、最近不安に感じるようになって来ています。