牛飲馬食

【漢字】牛飲馬食
【読み】ぎゅういんばしょく
【意味】大食いをすること。
【例文】牛飲馬食で太りすぎた。

牛飲馬食をテーマにした記事

牛飲馬食の様に食事をしていたら糖尿になってしまいました

私はかつて、仕事などのストレスが食欲を増進させてしまい、牛飲馬食の様に食べたり飲んだりしまくっていました。
普通朝食と言ったら、トースト一枚ぐらいが常識ですが、私は朝食からガッツリと食事をしていたのです。
牛丼やかつ丼と言ったように、普通だったら昼食や夕食に食べるようなモノを、朝食から食べていました。
朝食にこのようなガッツリとしたものを食べていながら、昼食もかなりボリュームのある物を食べていたのです。
チャーハンやラーメンなどを昼食に食べていました。
朝食や昼食にこれだけのモノを食べていながら、夕食もしっかりと食べていました。
会社の仲間と飲みに行って、しっかりと夕食をとっていたのです。
更にこれだけでは食欲が満足せず、寝る前に夜食まで食べていました。
普通だったら寝る前に食べてはいけないような、ホットケーキやラーメンを食べていたのです。
私はこのような牛飲馬食の食生活を、ほとんど毎日していました。
この様な食生活を送っていたら、太りそうなものですが、私は太らない体質なので、全く太る事はありませんでした。
ですから安心して、牛飲馬食な食生活を繰り返していたのです。
しかしその所為で最近糖尿気味となってしまい、深く後悔するようになっています。