杞憂

【漢字】杞憂
【読み】きゆう
【意味】必要のないことを心配する。
【例文】この先も独身のままだと、老後が不安で杞憂だ。

杞憂をテーマにした記事

杞憂と分かっていてもせずにはいられません

私はこれまでの人生で、数えきれないほどの杞憂を経験して来ました。
そのおかげで、危機を回避できたこともたくさんありますが、逆にチャンスを逃してしまった事もたくさんあります。
今は車を運転する人がほとんどですが、私は車を運転しません。
運転免許は一応持ってはいますが、車を運転する気になれないのです。
車はどこへでも楽に速く人や物を運ぶ事が出来ますから、便利さこの上ありません。
しかし便利な一方で車は、危険な部分を沢山有しています。
車を運転すると、事故を起こしてしまったり、逆に事故に遭ったりしてしまいます。
そうなれば自分に危害が及ぶだけでなく、他の人に迷惑を掛けてしまうのです。
毎日必ずと言っていいほど、自動車事故のニュースが流れます。
もし自分が車を運転して居たら、そのニュースの当事者になってしまう恐れがあります。
そんな事に成るのはごめんですから、私は車を運転する事を控えているのです。
他人からはそんなの杞憂だと言われ続けていますが、何と言われようと運転する気にはなれません。
車を運転しない事に因って、私は車に因る事故を回避する事が出来ています。
ですが逆に、車を運転する事によって受ける恩恵を、私は自ら放棄してしまっているとも言えます。
私にとってこれが幸福なのか不幸なのか分かりませんが、私はこのスタイルをこれからも続けて行くつもりです。