一挙手一投足

【漢字】一挙手一投足
【読み】いっきょしゅいっとうそく
【意味】細かい一つ一つの行動や態度。
【例文】コーチが相手チームの一挙手一投足を分析する。

一挙手一投足をテーマにした記事

一挙手一投足を見つめた試合

とあるスポーツが好きで、長年観戦に行っています。自分でプレイすることは無いのですが、もう長年通っているものですから会場の雰囲気だったり、そういうものには既に慣れっこになりました。スポーツですから、選手が引退することも当然にあります。そんな時、どこか息苦しいといいますか、言葉に出来ない寂しさを感じます。身内ではないけれど、よく知っている人物が、そのフィールドから降りるわけです。そこに妙な寂しさを感じてしまうわけです。
先日も、とある選手が引退しました。その引退試合に行ってきたのですが、ここで妙な感情といいますか不思議な感覚を味わいました。その選手の一挙手一投足がまるで流れているような、一つの芸術作品のように感じたのです。正直、成績がそこまで良い選手だったわけではありません。私自身そこまで気にしたことも無かったのですが、彼の引退試合の日、一挙手一投足が本当に美しく、彼のプロとしての人生が素晴らしいものだったと感じさせられました。
彼は確かに成績はあまり良くなかったのですが、とにかく努力を惜しまない、物腰の穏やかな選手として知られていました。努力を続けることが出来るというその才能が、彼の一挙手一投足を光らせたのかもしれません。