断末魔

【漢字】断末魔
【読み】だんまつま
【意味】人の死に際の苦痛。
【例文】交通事故で死にかけている人を見かけた。断末魔で見ていられなかった。

断末魔をテーマにした記事

断末魔

断末魔って文字からして、なんだかおどろおどろしいというか怖い感じですね。
確か、仏教ゆらいの言葉で死に際という意味ですね。
今の日本はどちらかというと宗教に無関心になっていますよね。
それがいいのか悪いのかは分からないですが、死というのがちょっとどこか遠いもので怖いものになっているかもしれませんね。
大昔はもっと死は身近なものだったかもしれないです。
でも、やっぱり死に際を想像するのは怖いですね。安らかに眠るように逝けたらというのが望みですが、こればっかりは自分の意志でどうこうできるものでもないですからね。
苦しんで苦しんで、死にそうで死ねないというのは避けたいですね。
きっと死んだ後は楽になるから、できればサッと息を引き取りたいです。
どの宗教も死後の世界というのがあり、天国だったり地獄とか、極楽浄土とか色々な世界観はありますが、苦しみもなく穏やかで幸せな世界なんだろうなと私は思っています。
なので、自分が死んだら後のことはどうでもよくてお葬式とかしてくれなくてもいいなと思っています。メソメソされても困っちゃいますからね。
そういえば、どこかの地方のお葬式はどんちゃん騒ぎで明るく宴会みたいな所があると聞いたことがあります。
そんな明るいものだったら、うれしいかもしれないですね。