一挙一動

【漢字】一挙一動
【読み】いっきょいちどう
【意味】話し方・歩き方動作のすべて。
【例文】赤ちゃんの一挙一動がすべて愛おしい。

一挙一動をテーマにした記事

一挙一動とは

一挙一動とはすることなすこと、ひとつひとつの動作を表す言葉です。一挙一動も見る側と見られる側に分かれたりしますが、どちらかというと私は見てる方が好きです。見られる側の経験としては、子供の頃に遊びに行ったテーマパークで丁度テレビ撮影班が来てた事がありました。その時に室内で工作していたのですが、自分の作ってる姿をカメラが撮るという稀にない機会に巡り会い、多分ドキュメンタリーとかで様子撮影だったのでしょうが、子供ながらに自分の一挙一動が撮影されてるという極度の緊張感が襲い手がフリーズしてしまったのを覚えています。カメラ班もそれに気づいたのかゆっくりとレンズをずらしてくれました。どの局なのかも分からず放送されたのかも分かりませんが貴重な体験でした。また見る側になった時で印象深かったのは、高校受験の見学目的で文化祭に行った時でした。部活体験も兼ねていて初めて近場で弓道を見させてもらった事です。正装からもそうですが立ち入りから姿勢、弓を引いた時のしなりと独特の間の雰囲気、全ての一挙一動に身が引き締まり、野外で外野の音もあったのにも関わらず静寂がその場には漂っていて目も心も奪われていました。ひとつ毎の動きに綺麗さやしきたりがあるとこんなにも非日常的な空間を味わえるのだと弓道部に入りたくなりました。残念ながらその高校とはご縁は無かったのですが行って良かった思い出です。