腹八分に医者いらず

【漢字】腹八分目に医者いらず
【読み】はらはちぶんめにいしゃいらず
【意味】満腹になる前の八分で抑えておくのが体にも良い。
【例文】我が家の食事は適量で腹八分に医者いらずだ。

腹八分目に医者にいらずをテーマにした記事

腹八分目に医者にいらずはもう昔のこと、現代の適切な量は腹六分目

ことわざに「腹八分目に医者にいらず」という言葉があります。
この意味は、食べる時に腹八分目に留めておけば、医者に頼らなくても健康でいられる、という言葉通りの意味です。
必要以上のカロリーをとらないことで、糖尿病などの生活習慣病になるリスクを減らして、健康寿命を伸ばすことができる、という理屈からこのような言葉が生まれた、と言われています。
しかし、現代ではその言葉はもう古いと言われていて、今は腹六分目が理想であるという説もあります。
というのも、昔の食事と今の食事では同じ量であっても、カロリーが全く違うのは言うまでもないことです。
そのため、現代の食事で腹八分目だと食べ過ぎになってしまうのです。
腹六分目に抑えることで、平均寿命を1.5倍伸ばすことができ、肌も若々しく保つ効果があると言われています。
腹六分目がどれくらいの感覚かというと、「まだ全然食べられる」というくらいがそうです。
最初はもっと食べたい、と物足りなく感じるかもしれませが、人間の体は生活に順応していくもので、徐々に満足感を感じるようになってきます。
最初はどうしても我慢ができないと思うので、とにかくよく噛むようにして、食べ物をいつも以上に味わうようにするといいでしょう。