一騎当千

【漢字】一騎当千
【読み】いっきとうせん
【意味】一騎で千人もの相手ができるたとえから、抜群な能力や経験がある。
【例文】記憶力が一騎当千なのが自慢だ。

一騎当千をテーマにした記事

一騎当千とは

一騎当千とは群を抜いた勇者や人並みはずれた能力や経験などのたとえらしいです。
歴史に名をのこした人や、歴史小説の中にはこういった、伝説的なヒーローって必ず出てきますよね。
特に、男の子や大人の男性でも、こういったヒーローが好きな人は多いんじゃないですかね。
確かに、女性から見てもかっこいいなって思う部分はありますね。
男らしいというか、異性としても魅力はあるのですが憧れるかと聞かれたら、ちょっと憧れとは違うのかもしれないですね。
ここが、男性と女性との違いなのかもしれないですね。
もちろん、男性でもヒーローに憧れない人もいるし、女性でもヒーローに憧れて自分もなりたいと思う人もいるでしょうがが、やっぱりどこか男性と女性の求めるものが違うよねって感じるときはあります。
男性が言ういい男と、女性が言ういい男って違うんですよね。
だから、恋愛や結婚でちぐはぐなことがおこるんでしょうね。
話あっても、分からないというか、やっぱりお互いに完璧に理解はできないんでしょうね。
それを前提にしておかないと、結婚生活とか長い時間は耐えられないですね。
でも、最初は恋愛は盲目っていうぐらい何も周りが見えなくて、この人を理解できるのは私しかいないって思っちゃうんですよね。
男女関係とは、難しいでしね。