目を注ぐ

【漢字】目を注ぐ
【読み】めをそそぐ
【意味】興味を持って注目する。
【例文】新人の彼の仕事ぶりは真面目で目を注ぐものがある。

目を注ぐをテーマにした記事

有能な人は目を注ぐ

最近ある世の中のサイクルに気が付いた。有能な人は有能な人へ目を注ぐ。しかもその循環は年が過ぎても繰り返されるということである。世の中には才能ある優秀な人が沢山いると思うのだが、なぜ彼らは人よりも一見同じ事をしているようでも前へ、上へ早く辿り着いてしまうのだろうか?色々と観察しているうちに共通する事が見えてきた。優秀な人は周りの人に嫉妬して競争から蹴り落とそうとせず、色々な事について目を注いでいるということである。分かりやすく言うと、優秀な人ほど物事を深く洞察し、その良し悪しを見極める制度が高く、そして精度の高いものはより抽出してまた目を注ぐ。要するに、優秀な人は優秀な眼を持っており、優秀な人や物を埋もれている物事の中から引っ張り上げる力が高いのだ。となると、優秀な人は優秀な人に引っ張られ、その引っ張られた人はまた他の優秀な人や物事を引っ張り上げる連鎖が起こる。そしてそれは永遠にループするのだ。優秀なレベル、高いレベルに行きたいのなら、自分が優秀になって、じっくりと観察している優秀な人の眼に留まる、目が注がれるような人間に名たほうが、自分が思い描く出世や成功への近道になるであろうと思うのである。